気になった副作用

drug

一度マレグラPROを使ってからは、セックスのたびに必ず服用するようにしています。最初のころは彼にバレないようにしていましたが、今ではお互いに周知に事実になっています。
マレグラPROの効果を最大限に引き出したい場合は、服用方法に注意しましょう。マレグラPROは腸から吸収される薬なので、空腹時に服用しなければ効果を発揮しないことがあります。
また、アルコールによって効き目が薄くなってしまうこともありますので、服用の際は空腹かつ飲酒をしていない状態で行いましょう。
実際に私も経験があるのですが、飲み会の帰りに、酔った勢いで楽しもうと思っても、本当に全く効果を発揮しませんでした。マレグラPROを利用してセックスを楽しむ場合は、計画的に行動するようにしましょう。

このページを読んでいる方が気になっているのは、「どのような副作用があるのか」ということでしょう。
マレグラPROは効き目が強い薬なので、どうしても副作用が生じてしまいます。症状には個人差があるようですが、最も多くの方に訪れるものとして動悸や顔の火照りが挙げられます。
これはマレグラPROのもつ血行の促進による副作用なので、どうしても発生してしまうといえます。この症状はかなり軽く、すぐに感じなくなりますので、副作用というよりは薬の効果が現れた証拠だととらえる方も多いようです。
個人的に感じたのは動悸と火照りだけですが、他にはめまいや腹痛を感じる方いるようですが、いずれもすぐに収まる副作用だといわれています。万が一症状が継続するようであれば、病院に行く事をオススメします。

副作用というわけではありませんが、マレグラPROには飲み合わせが良くない組み合わせがあるということも覚えておきましょう。
特に危険なのが、ニトログリセリンなどの心臓に関する薬です。不整脈や狭心症の治療薬とマレグラPROは相性が悪く、時に深刻な症状があらわれることがありますので、心臓に関する疾患がある方は服用を避けた方が良いでしょう。
また、カフェインを同時に摂取した場合はマレグラPROの効果が増進され、過剰に働く可能性があります。マレグラPROを使用するならカフェインは避けましょう。